美肌道女医の「美肌の非常識」

美容皮膚科女医 Dr.RITSUKOが、みなさんを美肌へと導く「本当のハナシ」を明らかにします!
たるみ治療、の続き
こんにちは。
下腹部のたるみにブスブスと痩せる注射を打っているRITSUKOです。


今回は下腹部ではなく、お顔のたるみ(脂肪編)です。
口角や下頬がプニョプニョと垂れ下がってはいませんか。

にっくきそいつは脂肪です。


私が今ブスブスと打っている痩せる注射は、ボディ用なので、
痛みがあり、数日間は赤く腫れます。


しかし顔専用の痩せる注射BNLSは、注射時は痛いですが、
15分も経たないうちに痛みは治まってきます。


RITSUKOはそれを20本×5回打って、輪郭と顎まわりをすっきりさせました。


腫れるのは直後だけ。夜には腫れはほとんどわからないようになり、
朝になると元どおり。


3日目から痩せはじめて、1週間で完成です。
1週おきに打つので、1ヶ月半でスリムな顔に。



・・・顔だけ痩せたので、今ボディに挑戦しているところです。



筋肉をボトックスで引き上げ、BNLSで脂肪を取る。
これでたるみはほぼ無くなりますよ〜拍手拍手




ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
| 美容皮膚科医 RITSUKO | アンチエイジング | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
たるみ治療
みなさま、こんにちは。
二の腕の振袖に痩せる注射を打ちまくってる、マゾのRITSUKOですパー


前回は皮膚表面の色調についてのお話でした。


シミをまず消しましょうと提案しました。
じゃあ、皮膚のテクスチャー(きめ細かいか、凹凸がないか」はどうなるの?
は、ひとまず置いておいてパー


今回はにっくきたるみ、ついてのお話です。


たるみは主に脂肪と筋肉が原因です。

脂肪の下垂と筋肉の動きです。

まずは筋肉の働きから。




上の図を見てください。


矢印の下向きの筋肉は、顔を引っ張り下げる筋肉です。

顔下半分を見ると、
「首」の筋肉って、下に向かっています。
それも結構な広範囲で
唖然唖然唖然


この筋肉の動きを止めると輪郭が引き締まります。


筋肉の動きを止める、つまり、ボトックス。


以前も、ボトックスの最近の打ち方について書きましたよ〜〜。

顔の下半分で、下に向いている筋肉をボトックスで弱めてあげるのがベストです。

首、口角を下げている筋肉、上唇。

首に打つことで、輪郭を上に引き上げる。
口角に打つことで、口角は引き上がり、いつもニコッとしているように見える。
上唇に打つことで、鼻の下が伸びるのを引き上げる。



ボトックスでここまで、顔の下半分をコントロールできます。


どうでしょう?
今までの額ボトックス、目尻ボトックスも良いですが、
なんと輪郭をシェイプできるなんて。
ボトックスはダウンタイムもないし、チクチク打つだけです。


一度お試しあれ拍手



ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ


| 美容皮膚科医 RITSUKO | アンチエイジング | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
アラフォーからの魅力
みなさま、こんにちは。
マッド皮膚科医RITSUKOです。

アラフォー(一桁全部切り捨てバージョン)からの魅力。


それは、皮膚、髪、歯です。


私は皮膚科医なので、皮膚バージョンをお伝えします。

シミ、しわ、たるみ・・・。

この中で患者さんが一番にご相談されるのが、たるみ。

RITSUKOが一番に治して差し上げたいのがシミです。


まずシミをとって、肌を均一にすることから始めます。
それからしわ、たるみ治療に入っていきます。


シミを取るとかなり表情が変わります。
ファンデを厚塗りしなくても、若々しい色味が回復します。
肝斑や日光性色素斑を除去すると、コンシーラーも不要ですもんね。


そしてシミになりにくいお手入れ方法を確認します。
シミになりにくいお手入れ方って、簡単な割に、しわ、たるみにも効くんですよ。

以下に心当たりがある人、手を挙げてグッド


日焼け、マッサージ、ダブル洗顔(ゴシゴシ)、スクラブ、ゴマージュ。
酵素洗顔。ゴシゴシ系は全部ダメモゴモゴ



それらは、角質層を傷め、傷んだ肌を紫外線に狙い撃ちされて、
どんどんシミを作り出します。


すでにやり過ぎていて、はっきり地図みたいなシミができている方は、
美容皮膚科へGO!
はっきりしたシミにはレーザーしか方法はないのです。

そうならないためにも!ゴシゴシ系、角質を奪う方法はやめて〜〜悲しい
角質は刺激への大切な防御であり、素肌を綺麗に見せる第一の方法。


お手入れ方法を変えると、小じわも明らかに減っていきます。
(美肌道では、リュクスクリームと肌のおまもりですね)
(垂れた毛穴は、ホイップクリームで改善します)
乾燥での小じわは保湿と新陳代謝で明らかに消えていきます。


それからがたるみ治療です。


たるみ治療も、お家である程度までは可能です。
Y字型ローラー、顔筋運動、をすぐにやめてみてモゴモゴモゴモゴモゴモゴ!モゴモゴモゴモゴ!悲しい悲しい

次回は、たるみについてじっくり書きますね。




ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ


| 美容皮膚科医 RITSUKO | アンチエイジング | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
内側からキレイになる
こんにちは。

ブログの容量が200MBなのに、まだ0.484MBしか使用していないことに驚きました・・・冷や汗
    もっと書きます。


今日は、内側からキレイになる方法ですグッド



一番は、ストレスなく楽しいことに囲まれることですが・・・。



今日は内科的に効果のあるサプリメントを選んでみます。

◎注射系→
1.プラセンタ注射
(筋肉注射or皮下注射がおすすめ)
(静脈注射はすぐに排泄されてしまうので美容には効きにくいです)

2.高濃度ビタミンC点滴

どちらも続けることが大切ですよ。
何かひとつをRISTUKO的に厳選するなら、
プラセンタ注射(2A〜4A)を週2回でしょうか。

一般的に「にんにく注射」と呼ばれているものは、
美容にはそんなに効かないかな、と思います。

◎サプリメント→
1.ビタミンC(抗酸化の王様)
2.ビタミンE(ビタミンCの働きを高めてくれます)
3.亜鉛(皮膚の再生を助けます)
4.鉄(鉄不足だと皮膚がきれいになりません。酸素をちゃんと運んであげよう)
5.プロリン(皮膚のコラーゲンになってくれるアミノ酸)
6.リジン(髪の毛に効くアミノ酸。リジンはヘルペス予防にもなりますよ)
7.アルギニン(皮膚をつやつやうるうるにしたいならこのアミノ酸!)

上に書いたものを飲んでいればまちがいありません!

コラーゲンやヒアルロン酸、
プラセンタは飲んでも意味がないので、
広告に踊らされないようにしましょう。


コラーゲンは分解されて劣化したアミノ酸(使えないアミノ酸)になるだけですし、
ヒアルロン酸は糖になるだけですし、
プラセンタもアミノ酸と糖になるだけですからね。



ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ
| 美容皮膚科医 RITSUKO | アンチエイジング | 13:27 | comments(3) | trackbacks(0) |
アラフォーからの美しさ
本日は、アラフォーからの美しさについて、ですラブ

私の友人で、女からみてもほれぼれする人ラブラブが数名いて、
その人を想定して書いております。
(決して自分ではないところが悲しい汗とほほ)

1。物腰の優雅さ、柔らかさ

  年齢を経ないと出ない優雅さニコニコというものがあります。
  若いときには自然に「きびきびきゃぴきゃぴ」動いてしまいますが、
  そうした魅力とは別に、ゆっくりした(トロいのとは違います)
  上品な動きにはオーラが出ます。

  
2。余裕
  自分の芯を持った女性(仕事、趣味、思想でもなんでも)は
  緊張感があってきれいです。
  その緊張感が大人の女性の「余裕感」を生みます拍手

3。美肌
  これ、けっこう重要だと思います聞き耳を立てる
  若い女性のぴちぴちした肌はうらやましいですが、
  きちんとケアされた肌、
  上質のコスメを使ったメイクは大人の魅力を上げてくれますし、
  決して若い女性に負けませんよ。
  パン!と張った肌でなくても、ふんわりした肌は大人の特権です!

4。美しさとかわいらしさ
  相手を威圧するような「デキる感」ではなく、
  何でも包み込むような寛容さが大人の魅力ではないかと思います。
  また、そういう包容力をもった笑顔は、
  圧倒される美しさではなく、
  かわいらしさ
を生みます。
  若くてかわいいのは当たり前。

  大人の女性が「かわいい」というのがミソでございます。


5。自分に似合う服と小物を研究する。

  アラフォーでもまだまだ若いときの体型を保っておられる方も
  多いですが、
  実は少しずつ体型は確実に変化しょんぼりしています。
  若い女性の着るブランド服が「まだ着られる」としても、
  動いたときにできる布のシワの形は、
  明らかに美しくない年齢を感じさせます。

  特に、背中を曲げたときに横に走る服のシワは悲しいです。
  自分の体が美しく見える、自分専用の服を見つけましょう。
  また、小物もセンスの見せどころ。
  よくある、ブランドではなく(これは威圧感になってしまいます)、
  どこのものかわからないけど目を引くものを
  ちょこちょこっと身につけるのがおすすめです。
  ゴテゴテはだめ〜たらーっ


以上が、私の友人女性の姿です。
いつ見てもホレボレしますラブ

次回は、私がお手伝いできる「大人の美肌作り」について
ご紹介します。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ
| 美容皮膚科医 RITSUKO | アンチエイジング | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE